FXのレバレッジとは

FXのレバレッジとは

FXをすると、とにかくいろいろな言葉が出てきますよね。
言葉の意味が分からないとFXはできないの?という疑問があるかもしれません。

 

言葉の意味が分からなくても、FXはできます。
でもやっぱり良く使われる言葉は最低限抑えておきましょう。

 

FXで良く使われる言葉にレバレッジというものがあります。
レバレッジとはどんな意味なのでしょうか。

 

日本語にすると「てこ」という意味のようです。
FXにてこ?何のつながりがあるのと誰でも思うでしょう。
ではまず「てこ」そのものはどんな意味ですか。

 

てこの原理と言われるように、小さな力で大きな力を得る方法ですよね。
これをFXに当てはめると、小さな資金で大きな投資ができるということになります。

 

FXを行う時には最初に証拠金が必要になります。
でもあまり多くの証拠金を用意出来ない場合、
証拠金の何倍かの金額で取引が出来るのが
FXの一番の特徴でもあり人気がある理由でもあります。

 

証拠金に対して何倍の取引ができるのか、
その割合の事をレバレッジというのです。
現在では個人取引の場合は最高25倍までと決められています。
ですので証拠金100万円いれていたとしたら最高で2500万円までの取引が可能です。